お得がいっぱいの格安航空券ですが実際にどう利用すればいいのか

格安航空券をもってたとしても使い方がわからないのであれでば本末転倒です。ここのサイトでは利用するまでの流れ等を紹介しています。 - 株主優待券との比較

アーカイブ

カテゴリー

株主優待券との比較

株主優待券はJALとANAが有名ですが、株主優待券と格安航空券を比較するとどちらが良いのでしょう。
那覇空港に就航しているのはANAとJAL系の他に、ANA系の格安航空会社も含めスカマーク、ピーチ、バニラ、ジェットスター、ソラシドエアなどがあります。
2大航空会社のチケットを正規料金として基準値において、そこからいくら割り引いているかが格安航空会社の魅力となっています。
格安航空券はその安さに人気が集まり、本当に行きたい時期には誰しもが申し込むため、プレミアチケットになっていて買うことができないことが多いようです。
一方で大手2社は便数が多く、繁忙期であっても空席があり、また団体予約用の座席開放もあるため、時間にこだわりが無ければ確実にチケットを購入することができます。
ただし、オンシーズンのチケット金額は平常時からは比較にならないほど高くなってしまいますので注意が必要です。
予算ありきの旅行プランを立てた場合には、空席が高いシートしか残っていないとプランそのものをあきらめなくてはいけないことだってあり得ます。
そこで便利なのが50%オフになる株主優待券です。
いつでも、たとえ当日であっても大手2社の正規料金を50%割引で購入できるため、格安航空券並みの金額で飛行機を利用できます。
もちろん株主優待ですから株主になることが優待券取得の条件となりますが、実は株主ではなくても優待券を利用することができます。
株主優待の利用規約には株主から譲り受けた人も利用することができるため、株主から安価に買い取れば利用できます。
もし知り合いの株主で使用しない優待券があれば安価に譲ってもらい、いればなければネットオークションで流通していますので簡単に手に入れることができます。
ただし、株主優待券には有効期限がありますので、自分が利用する期間を確認し、もし期限を超えてしまうようでしたら期日ギリギリにオープンチケットで購入すると、さらにそこから90日間期日が延ばすことはできますが、取得前によく確認しておくようにしましょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む