お得がいっぱいの格安航空券ですが実際にどう利用すればいいのか

格安航空券をもってたとしても使い方がわからないのであれでば本末転倒です。ここのサイトでは利用するまでの流れ等を紹介しています。 - 格安航空券の種類と内容

アーカイブ

カテゴリー

格安航空券の種類と内容

格安航空券とはノーマルチケットからみて割安感のあるチケットのことであって、特定の会社は発券しているチケットを指しているものではりません。
沖縄の那覇空港を利用する場合には、利用できる出発空港が限られているため、すべての離発着空港で格安チケットの扱いがあるとはかぎりません。
たとえば羽田空港から那覇空港間には格安があっても、羽田までの移動とフライト時間があわずに1泊するようであれば、羽田・那覇間が安くとも直行便を利用したり宿泊付きパックを利用した方がお得になってしまいます。
自分の出発空港からのアクセスによって活用方法が違ってくることを理解しておきましょう。
格安航空券は早く予約すると安い価格で販売されていて、フライト日が近づくと徐々に高い設定に変更されていきます。
基本的には1週間単位で表示されることが多く、7日前、14日前、28日前に設定されていて、7日よりも短い期間は正規料金と言うことになりますが、もちろんそれでも比較すると安い事には変わりません。
ただし、多少の価格違いでも仕方ないと、7日前のチケットを予約しようとしても空席が無くなっていることが多く、空きが無いと思った方が良いでしょう。
またいくら安いチケットでも特別な事情が無ければ夜間到着便は損をします。
当日は移動日だけになってしまい、宿泊代の1泊分が交通費に加算されたのと同じようなものになってしまいますので、いくら安いチケットでもお薦めできません。
この様な早割制度の料金体系は大手2社も行っていますので、到着時間と兼ね備えて比較検討したいものです。
またファミリーでの旅行ではシート料金のかからないお子さんの場合、もちろん膝上乗車が基本となりますが、大手2社は未就学の子どもが無料となっていて、座席の配慮をしてくれるので隣のシートを使用できることが多く結果としてお得な料金となります。
一方でLCCの場合には、たとえ幼児であっても大人料金がかかりますので、もし小さなお子さんを同伴される場合には、こちらも検討が必要となります。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »