お得がいっぱいの格安航空券ですが実際にどう利用すればいいのか

格安航空券をもってたとしても使い方がわからないのであれでば本末転倒です。ここのサイトでは利用するまでの流れ等を紹介しています。 - 荷物は最小限度に

アーカイブ

カテゴリー

荷物は最小限度に

格安航空券は、なるべく安い料金で利用したいがために活用するものでしょう。
実際の沖縄旅行では、那覇空港着の飛行機料金以外に、自宅から出発空港までの移動や出発空港から直行便が無ければ途中で乗り継ぎをしたりと、さまざまなところで別途移動にかかる料金が発生します。
もちろん旅行には宿泊代もかかりますし、沖縄観光に必要なレンタカーなどの交通手段にも料金は発生します。
せっかく安いチケットをみつけても、上手にプランを立てないとパック料金と変わらないことだってあるのです。
航空券に加算されるもののひとつに荷物の重量があります。
旅行バッグは移動区間をスムーズにするためにキャスター付きが一般的で、しかも破損等を考えて丈夫なハードカバーのスーツケースを選ぶことが多いようです。
でもハードケースの重量が5?はありますので、荷重制限を15?以内にしている航空会社では加算の可能性がでてきます。
持ち物にもよりますがソフトケースのボストンバッグであればしっかりした物でも重量は半分以下になりますし、空港などの売っている大型の布製バッグで下部にキャスターが付いているモノであれば、洋服類であればより多くのものを運ぶことができます。
また分散することも大事ですので、同伴者のうち1人だけが電化製品などの壊れ物を入れるハードケースにして、そのほかは洋服などの布製品にすると多く運ぶことができます。
せっかく安いチケットを買っても加算額でノーマルチケットと変わらないことのないように、不必要なものは持たないことも重要です。
そのためには出発日の天候や気温、また期間中の風の強さなども服装を用意するうえで重要になってきます。
最小限の服装に留め、お土産品代わりに国際通りや観光地でTシャツなどを調達するのもいいでしょうし、暖かい沖縄では濡れたものもすぐに乾きますので、乾燥しやすい素材のものを持っていくと洗い替えで済ますこともできます。
とは言え非日常の生活を過ごすための観光旅行であれば、いくら安いチケットにするとは言ってもホテルに戻るたびに洗濯をするのも大変ですから、状況によって選択できる余裕は欲しいものです。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »